お問い合わせ
中学文法

会話に必要な文法だけやりましょう

おはようございます。

初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

 

少しずつ断捨離を始めました。が、まだまだゴールは遠いです。

第一関門は衣類。第二関門は本。 なんとか第一関門は今日中に突破したいです。

がんばれ、私!(;^ω^)

 

さて、あなたは、文法が好きですか?

最近の中学の教科書ってワクワクしちゃいます。

私の頃のNEW HORIZONに比べると

サイズも大きいし、カラフルだし、絵はかわいいし、見ていて楽しいです。(^^♪

英会話初心者さんに文法のことを聞くと、

☆ 学生時代になんだか難しい文法用語にやられちゃって文法が苦手

☆ 中学の頃は文法を授業であまりやった記憶がない。

そのため、そもそもよくわからないから苦手

のどちらかのタイプにざっくり別れます。

しかも、けっこう年代で別れます。 (苦笑)

 

どちらにしても、文法が苦手という英会話初心者さんが圧倒的に多いです。

あなたはどうですか?

 

基礎文法はルールなので、会話をするのにとっても大事です。

「文法を覚えなくてもいいので、話せるようになりたいです」

という生徒さんがいました。 (;^ω^)

 

さすがにこれは無理です。 むしろ大人になってから英会話を学習するので

あれば、文法を学習することは学習の早道です。

ただ、あれもこれもやる必要はありません。

英会話にまず必要なのは中学文法、それも1年生と2年生で習う範囲です。

これらを使いこなせれば、英会話の6~7割いけます。

そして、その中でも真っ先にやってほしいのが『語順』次が『時制』です。

英語には、日本語のように「は、が、に、を」といった言葉がありません。

そのため、この部分を語順が補っています。

さらに、英語は『いつのことか』をちゃんと言わないとダメなんです。

初心者さんが文法をやり直すなら、まずは『語順』です。

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ