お問い合わせ
中学文法

英会話 同音異義語をスッキリ整頓させよう

おはようございます。

長野県上田市在住

初心者専門の英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

 

英語の音も整理整頓しましょう 音・スペル・意味

 

さて、今日は初心者さんに以外と多い、「音だけでごちゃごちゃ」です。(笑)

そして、「文法ぐちゃぐちゃ」につながることも多いです。

 

「いったい何のこと??? 」

と思ったあなた、

例えば 「You’re と Your」。

この使い方の違いバッチリですか? (^^♪

この違いがきちんと分かっていないと、動詞の選択があいまいで

おかしなことが起こりかねません。

You’re  と your     同音異義ですよね?

目でみれば、もちろん違いは分かりますね。

ですが、You’re も Your も同じ音です。 音だけだとどちらなのか

判断できません

ですが、

You’re は You are つまり Youが主語 areが動詞 ですね。

これで、文の重要部分の 主語+動詞 です。

一方、your は所有格。 後ろに必ず名詞が必要になり、単独で主語には

なりません。 つまり、 your の直後に動詞を置くことはできないんです。

さらに、動詞は yourの後ろに来る名詞に合わせます。

例えば、 Your car is nice. (あなたの車は素敵です)。

Your sister has a car. (あなたのお姉さんは車を持っています)。

ですが、「音だけ」で覚えているために、

Your car are nice。と文を作ってしまっても、どこがおかしいのかが

わからない初心者さんが実は多いのです。

あなたはどうですか?

そうかも・・・と思ったら、今日ここで確認しましょう。

ごちゃごちゃ ぐちゃぐちゃをスッキリ解消するには?

英会話では自分が発音する「音」も、相手が発音している「音」を

聞き取ることも、とても大事ですね。

その「音」を作っている、英単語や英文がどういう意味なのか、

なぜその語順なのか(文法)を知っていることそして使えることが

英会話の土台を作ります。

“音だけ”の再現をしていると“音だけで意味がごちゃごちゃ、

文法はぐちゃぐちゃ”になりかねません。 (;^ω^)

音だけではなく、意味と語順をスッキリ整理整頓

して英会話上達しましょう (^^♪

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ