お問い合わせ
中学文法

学校で習った英語では話せない?

こんにちは。

長野県上田市在住

英会話初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

 

残暑ですねぇ。(;^ω^)

涼しさに慣れたところだったので、完全にへばっています。。。。

庭のさぎ草が涼しげで見ているとホッとします。

この暑さは正直かなり厳しいです。

学校で勉強した英語ではネイティブスピーカーと
話せない?

あなたは、

「学校で英語勉強したのに、ネイティブスピーカーと会話できない(´;ω;`)ウゥゥ」

と思っていませんか?

 

私はメチャクチャこれ思いました。

始めてアメリカに行ったときに、私の話す英語が「全く通じない」「聞き返される」

相手の話す英語が「全くわからない」状態を経験しました。

特に聞き返されるのはキツかったです。完全に心が折れました。(´;ω;`)ウゥゥ

それまであった、わずかな自信もあっという間に砕け散りました。

英語を話すことも聞くことも怖くなり、全身から「英語はわかりません」オーラ

出していました。

 

ではどうして学校で勉強していたのに、英語で会話ができなかったのでしょうか?

聞き取れなかったんでしょうか?

 

ところであなたは、今までにどのくらい英語の学習をしてきましたか?

中学の3年間? 6年間? もっと?

トータルすると結構な年数を英語に費やしてきた。。。。

という方も多いのではないでしょうか?

ちなみに私の初アメリカは短大1年生の時でした。

それまで、かれこれ7年ほど英語を勉強していたんです。(;^ω^)

 

こんなに長いこと勉強していたのに、ネイティブスピーカーと会話になると

さっぱり何いっているのかわからない。

頭真っ白で言葉が出てこない。 (´;ω;`)ウゥゥ

英語の勉強なんて無駄! っていいたくなりました。

 

私の友人のお嬢さんもそんな一人。

グアムに行ったときに「英語が話せたらかっこいいな」

と思ったけれども、

英語は勉強→勉強は嫌い→勉強しても現地の人がしゃべっている言葉が聞き取れないから、

と英語は勉強しても意味ないとなったそうです。(;^ω^)

 

その後、私がたどり着いた答えは、

「学校の「勉強」だけで、話せるようになる・聞き取れるようになるのは無理」

でした。

学校の勉強が無駄と言っているのではないのです。

足りないんです。英語に触れている時間が圧倒的に。

実際にネイティブスピーカーが話しているように、英語を話す練習

ネイティブスピーカーが話している英語を聞き取れるようになる練習がいるんです

これ、テキストを「見ている」だけでは手に入りません(;^ω^)

例えば、「 be going to」。

「あ~~ なんかやったことある気がする」(=゚ω゚)ノって方多いと思います。

中学生の時に 未来形で「~する予定です」って習ったと思います。

では、“ I’m going to play tennis tomorrow.”

これ、あなたは何て発音しますか?

going to は ゴゥイング トゥ と学校で習いますよね。 そして間違ってはいません。

ですが、実際の会話になると違う音になることがしばしば。(;^ω^)

カジュアルな会話だとgoing to は gonna (ガナ) と発音がかわります。

でもこれ、学校ではほとんど教えてくれません。 口語だから。。。。

学校で教えてくれる英語は「正統派」です。 ですが、ちょっと考えてみてください。

あなたが普段使う日本語って、おそらく教科書に載っているような「正統派」

の日本語だけじゃないですよね?

言葉が省略されたり、言葉そのものが違うことも多いはず。。。

英語も一緒です。 変化した形と音を知り、それを自分でも言えるように練習して

ストックをふやしていくと、次第に英会話が話せる・聞き取れるようになっていきますよ。

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ