お問い合わせ
中学文法

英語初心者さん、○○○○○から始めたらダメ!

こんにちは。

長野県上田市在住

初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

最近の私がみるテレビ番組は、

「おしり探偵」「トーマス」「アンパンマン」

完全に甥っ子達にテレビを乗っ取られてしまいました。。。。

あ、あと、「パプリカ」を見ながら(Eテレの)一緒に歌って踊るです。

体力勝負となってきています。 (;^ω^)

英語初心者さん、○○○○○から始めたらダメ!

 

○○○○○に何が入ると思いますか?

そうです。「フレーズ集」の5文字です。

英語のフレーズ集って本当にたくさんありますよね。

一語で話せるといったものから、旅行用、接客、日常会話やビジネス表現 etc. etc.

あなたも何冊か持っている、もしくは過去に買ったことがあるのではないでしょうか?

私も本棚に何冊もあります。(;^ω^)  ただ置いてあるだけのものも。。。。

あなたは、フレーズ集を買ってはみるものの、なかなか話せるようにならない。。。

と思ったことはありませんか?

実は、英語初心者さんがいきなりフレーズ集で学習するのは、とても効率が悪いんです。

フレーズ集で学習する前に踏む大切なステップをすっとばしているからなんです。

大切なステップ、それは「英語の基礎体力をつくる」ことです。

では、「英語の基礎体力」ってなんでしょうか?

1.基礎文法  2.基礎単語 3.英語の音・リズム・アクセント

の3つです。

基礎文法と基礎単語は中学3年間で学ぶ内容になります。

違い知ると、加速する


英語と日本語って全然違う言葉
なんですね。 文の構造も違えば、音も違う

この違う所を知ることが第一歩です。

ここをすっとばして、フレーズ集を学習するのは、

打ち方をしらないのに、いきなりバッティングセンターでボールを打つようなもの

なんですね。

頑張ってフレーズを覚えているのに(バットを振っているのに)、

実際使えない(バットに当たらない)という状態です。

フレーズ集は、英語の基礎体力をつけた後に使うものなんです。

 

「速く話せるようになりたい!」 とフレーズ集に手を出したくなる気持ち

わかります。 私もかつてそういう時期がありました。(遠い目・・・・)

ですが初心者さんの場合は、ここをグッとこらえてまずは基礎体力作りです。p(^_^)q

 

急がば回れ」です。英語にも同じような言葉があります。

Haste makes waste.

( haste 急ぐ・急かす、waste 無駄・浪費⇒急ぐことは無駄を作る)

Slow and steady wins the race.

(steady着実な、win 勝つ⇒ゆっくとそして着実な(者)が競争に勝つ

(ウサギとカメのお話みたいですね(笑)))

初心者さんが英語ができるようになるのに、簡単な方法はありませんが、

最短で行く方法はあります。

英語初心者さんは、いきなりフレーズ集で学習を始めるのではなく、

その前のステップから始めましょう。

それが結果的には、最短であなたの英語力を一気に押し上げることが

できるようになるんです。 (^^♪

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ