お問い合わせ
英会話

『飛行機操縦法』と共通する英会話学習ステップとイメトレ

おはようございます。

長野県上田市在住
初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

昨夜、NHKの番組 『サラメシ』を見ました。

見たことありますか? 『サラメシ』は『サラリーマンの飯』を短くした

番組名。色々な働いている人達の昼食を中心にしています。

昨夜は、航空自衛隊の静浜基地が舞台。

ここは、パイロットの卵達が訓練をうける、いわば「空の教習所」と紹介されていました。

元ブルーインパルスのパイロットという『初級操縦課程』の教官が

今回の『サラメシ』の主人公。

えっと、『サラメシ』の番宣???(;^ω^) って思いました?

そうではなくて、この教官の話していることが、すごく英会話初級者さんの

英会話学習と一通じるなと思ったので紹介したいと思います。

 

英会話初心者さんの学習のステップは、飛行機操縦法のステップと同じ

教官の話:

「(飛行機の操縦法を)学ぶのは大前提て、それを実際に経験で増やしていく感覚を

増していかなくてはいけない。知識だけでは飛べない。 でも知識がないと当然飛べない

フライトシュミレーターを使って(飛ぶ)の訓練は、実際の飛行機にかなり近い動きを

してくれて、映像があるのでより実際に近い。イメージトレーニングを繰り返し、

頭と体に操縦方法を叩き込んでいる。

(教官がいない)一人で飛ぶのが当たり前の状態にしなければいけない」

というものでした。

 

これを英会話初級者さんに置き換えると、

英語の基礎(発音・文法等)を学ぶのは大前提で、それらを使って音読で実際に

会話をするという経験を増やし、会話をしているという感覚を増やしていくのが大事。

英語知識があるだけでは話せるようにならない。でも話すために、英語の基礎知識は必要。

場面をイメージしながら自分の感情を乗せて音読と実践練習を繰り返し、英会話の型や

リズムを体にしみこませ、最終的に自力で英会話をするのが自然とできる状態になる“

ということです。(^^♪

分野は違っても、初めてのことを学ぶ過程や考え方は一緒だと思いませんか?

イメージトレーニングはすごく効果的

音読のトレーニングで会話の場面をイメージして、自分がその言葉を

発している感覚て話す練習をするのもすごく大事です。

それと、英語を話している自分をイメージすると脳が錯覚して、

話せる自分になるための行動を開始します。

半年後、一年後に話せるようになっているあなたを、イメージして

ニヤニヤ・ワクワクするのはメチャクチャ強力な英語学習の味方になります。

あなたも、早速今日から、妄想満載のイメージトレーニングを

英会話学習に取り入れて、ニヤニヤ・ワクワクしてみてくださいね。

これ、本当にすっごくすっごく効果があります。 (^_-)-☆

Have a nice day

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ