お問い合わせ
中学文法

英語は暗記ではなく、勉強でもなく、トレーニング!

こんにちは。

長野県上田市在住 

初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

 

収穫祭の季節ですね。

近所のJAでもお祭りがあり甥っ子達と一緒に行ってきました。

甥っ子達と一緒にじゃんけん大会に参加! 頑張りましたよ。(笑)

勝ち残って非売品のアンパンマンのレジャーシートをゲット!

甥っ子達に褒められました。 (;^ω^)

 

英語はインプットとアウトプットのバランス

 

英語はインプットとアウトプットのバランスが崩れていると、いくら時間をかけても

できるようにならないんです。


ところであなたは、「英語」=「英語の勉強・暗記」と思っていませんか?

もしかしたら学校の先生に、「とにかく覚えなさい!」と言われたことがあるのかも

しれませんね。  Σ(😉 

学校英語はどちらかというと試験のもの(実用性がない。。。。)=「勉強するもの」

であって、「使うもの」じゃないんですね。

 ですが、そもそも英語は「共通言語として、世界中で使われている言葉」。

英語は「勉強するもの」⇒「使うもの」に あなたの意識を変えてほしいんです。

 これが変わると、英語が違ってみえてくると思います。 (#^^#)


英語は勉強するもの ⇒ 使うもの(^^♪ 


「使うもの」にするために、まずはインプット、それからアウトプットです。

ゼロからは何もだせないので、自分の中に知識を蓄積すること(インプット)が最初です

 

英語のインプットは「聞く」と「読む」の二つがあります。

『音』と『文字』ですね。 これ表裏一体です。

『音』を聞いたら瞬時に『文字』にむずびつき、『文字』をみたら『音』が分かることが

大事です。ですが学校英語では『文字(読む)』に偏っているんです。

これが英語を「聞き取れない」という悩みを持つ人を量産している理由の1つだと

思うんですよね。。

私達は、「発音できない音は聞き取れない」。つまり「意味を理解できない」んですね。

英語と日本語は そもそも全く別物。 「違い」を知ることが大事なんですね。

 

英語学習を加速するために、「知らないと損をする違い」とは?

 それは、「英語の音と英語独特のリズムとアクセント」と「英語の構造」

です。 

ネイティブスピーカーは「話しやすく」するために「音の変化」させて英語を話します

そしてこれは、頻繁にそして当たり前におこります

それを知らないと英語は聞き取れないんです。

もう1つの「英語の構造」は『語順・時制・数』といったものです。 

ある程度大人になってから英語をはじめ外国語を習得する場合、その言語の構造を知る

手っ取り早い方法が「文法」です。

あなたは、「文法こそ、暗記しなきゃならないものの筆頭!」と思っている

かもしれないですね。(=゚ω゚)ノ

知識として理解することが大事なんです。 大人の私達は、納得しないとなかなか

腑におちないものだからなんですね。

ですが、理解したら“暗記”ではなく、“繰り返し使うことで脳にしみこませる 

ことが大事。 

そして、中学で学習する文法が“使いこなせ”れば、日常会話では、

言いたいことがちゃんと言えるようになるんです。

分かれ道は「使いこなせる」かどうか。

 使いこなす」ためには、トレーニングが欠かせません。これがアウトプットです。


バレーボールで例えれば、

インプットは、基礎体力をつける、ルールを知る、基礎的なレシーブ・サーブ・トス・

パス・スパイクといった技術面を知識として知るということです。

アウトプットは、インプットした知識を実際使える技術にするべく繰り返し繰り返し 

体が無意識に動くようになるまで練習することです。基礎練習から次第に実践形式の練習、

さらに練習試合そして本番の試合と段階を踏んでいくことです。

そして重要なのは『毎日毎日繰り返し繰り返し練習を継続する』ことです。

 英語も全く一緒です。

「入れたら、出す」これを、繰り返し繰り返し続ける事

そうすることで自分の中に英語に対する基礎体力が作られ、

英語感覚が育ち、英語回路が作られます


英語ができるようになるのに、年齢や今までの英語の成績、ましてや頭の良し悪しなんて

全く関係ありません。

 「繰り返し、大量に、正しい方法で必要なことをインプットしアウトプットしたか?」

 なんですね。  そして、楽しみながらやることでさらに加速します。

そうすることで、誰でも英語ができるように必ずなります

 Have a nice day

 

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ