お問い合わせ
文法

和訳1:1の落とし穴と違和感

英語初心者サポーターの中沢です。

Fromは“~から”だけじゃない

英検やTOEICの試験を控えている生徒さん達からの熱量がハンパないです。
そして、ほんのちょっとした分らないことをそのままにせず、質問してくれてます。

 

今回は、そんな質問の中の1つ“from”の和訳についてシェアします。
違和感を感じる和訳になったらどうするか?

『和訳1:1の落とし穴と違和感』を、お話します。

 

どういうことかと言いますと、
「1つの単語和訳で覚えてしまったことで文章がわけわからん。。。」
となってしまう、英語あるあるです。

 

生徒のSさんから頂いた質問を例にお話しします。
以下は質問文のコピペです。
Sさん、ありがとうございます。

「”I ordered a store sign from you.”

和訳をみると、”そちらに注文した“とありますが、from~の使い方に
違和感がありました。
“from ~” は ”~から影響される”イメージをもっています。
注文をしているのだから to等を使うような感じがするのですが、
どうして”from”なんですか?」

”I ordered a store sign from you.”

テキストの和訳:“お店の看板をそちらに注文しています”
Sさんの和訳:”私は、注文した。店の看板を あなたから???”
忠実に英文を左から右に訳していって、違和感満載になりました。

“from = ~から”という意味で最初に習いますね。
習った通りに訳したのに違和感、”to”を使えば、”~へ“になるのに。。。

ここで大事なのがこの “違和感”

違和感を感じたときは、その感覚を信じて、“きっと何かがあるんだ”と
思ってほしいんです。

今回のポイントは、”動詞と前置詞のカップリング”です。
この場合は、”order””from”ですね。

文法解説
主語+order+目的語+from名詞
目的語には、サービスや品物を表す言葉
名詞には“お店や人”といった、サービスや品物を
提供するもの(人)が入ります。

文法理解は大切ですが、まずは慣れること
“from”には“~から”以外にも意味がある
英語の例文と和訳を覚えてもらえればOKです。

覚えるコツは、場面をイメージしながら声にだして何度も言うことです。
あなた自身の内容に、言葉を変えて覚えばさらにいいですね。

ちなみに、
“sign (サイン)“ は ”兆し、看板、合図、記号“という意味です。
(動詞だと“署名する”とう意味になります)

日本語でよく使うサインですが、いくつか。
signature(シグネェチャァ):署名という意味
autograph(オウトグラフ):有名人のサイン
となります。ついでに覚えちゃってくださいね。

和訳1:1の落とし穴』、和訳に違和感を感じたらきっと何かあります

熱量を持って勉強しているときに感じる疑問や違和感には
あなたを成長させてくれるきっかけがあります。

落とし穴にはまるかもしれませんが、引き上げるお手伝をさせてください。
あなたからの質問、疑問、違和感を楽しみにお待ちしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝を込めて

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ