お問い合わせ
未分類

英語が通じない、聞き取れないは『カタカナ発音』が原因かも・・

英語サポーターの中沢です。

今回は

知っている単語なのに聞き取れない。
通じないのはカタカナ発音のせい??
カタカナ発音コンプレックス(´;ω;`)ウゥゥ

についてお伝えします。

前回、フォニックスを学習すると
“英語の音が正確に発音できるようになり、
「知っている単語なのに、聞いたら分からない」
ということがぐっと減っていきます。“

というお話をしました。

なぜ『カタカナ発音』だと、がんばって話しても英語が通じなかったり、
聞き取れなかったりするのでしょう?

それは、英語にあって日本語にない『音』が大きく関係しているんです。

例えば、カタカナで英単語を書くと
『オール』と『オーダー』と『オープン』の “オー”
車の『トラック』と競技場の『トラック』
電気の『ライト』と右の『ライト』

音の違がわかりますか?

カタカナで書くと“同じ音”ですが、英語の発音では全部『違う音』なんです。
日本語は母音が5個(あいうえお)ですが、英語では26個もあります。

先ほど”オー”を英語の音らしく表記してみると、

『オール』の “オー”は“オー”
『オーダー』の “オー”は“オr-”とrの音が入り
『オープン』の “オー”は“オゥ”との音が入りのばさない

というようになります。

ちょっとした違いですが、英語を話す、聞くときは大きく影響します。
この違いを理解すると、『カタカナ発音』から抜け出すことができます。

そうは言っても、完璧にネイティブスピーカーと同じ発音になる必要はないです。
そもそも同じ発音になるのはムリがあります。。。

世界中で母国語以外で英語を話す人達は、大なり小なり母国語の“なまり”を
もって会話をしています。
英語を実用レベルで使っている人は世界に15億人いるけど、
ネイティブスピーカーは25%
残り75%は非ネイティブスピーカー
と言った調査結果もあります。

自信をもって、日本語のアクセント(なまり)を持って英語を話しましょう。

ですが、あまりにもアクセントが強すぎると通じないもしくは、違う意味に
取られてしまうということが起こってしまいます。

日本語アクセントが強すぎるのが『カタカナ発音なんです。

例えば、『ライス』間違いは有名で、あなたも聞いたことがあるかしれませんね。
“『ご飯』という意味で『ライス』といったのに、
『シラミ(ライス)』になってしまった。“
という話です。カタカナ発音だと『ご飯』も『シラミ』も『ライス』です。

英語の音らしくカタカナで表記すると、

『ご飯』は 『ゥライス』、

『シラミ』は 『ライス』
(上の歯の裏側に舌先をあてて『ラ』を発音する)
です。

これは避けたいですよね?

カタカナ発音から抜け出す方法

『英語の音』と、『音の出し方』を知る。
英語の母音は26個もある。
フォニックスを勉強すると効果的に学べる。
そうすることで、あなたが話す英語が通じやすく、
さらに相手が話す英語がききとりやすくなる。

と、ここまで発音がとても重要とお伝えしてきました。

次回はスピーキングとリスニング、両方の力がグッとあがる
『発音の応用バージョン』についてお伝えしようと思います。
1つ1つの単語の発音を知るのはとっても大事なのですが、
単語から文になったときの音ルールを知ることで
より高いレベルにあなたの発音を引き上げます!

お楽しみに(^^)/

フォニックスの記事を読む:
フォニックス??? フェニックスなら知ってますが・・・

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

感謝をこめて。

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ