お問い合わせ
英会話

眠りでかわる あなたの人生⁉

英語&マインドサポーターの中沢です。

今回は

たまってませんか?睡眠負債
パフォーマンスをあげるには睡眠が大事。

についてお伝えします。

突然ですが、
「あなたは毎日、何時間寝ていますか?」

“英単語が覚えられない”
“やったはずなのに、覚えてない”
というのであれば、
もしかしたら、睡眠時間が足りてないのかもしれません。

**********************

年に1回の人間ドックを受けた病院の壁に貼ってあった
色々な健康情報を読んで「ほ~、なるほど…」なんて思ってました。

その中に、
「眠りでかわる あなたの人生⁉~~たまってませんか?睡眠負債~~」
という情報がありました。

気がつくと寝る時間が翌日になっている今日この頃の私
“睡眠負債”にめちゃ反応してしまいました。

“睡眠負債“とは、つまり”睡眠不足“があること
(この場合の睡眠不足は睡眠6時間未満のことです)

自分では気が付かないうちに、
仕事や家事のパフォーマンスが落ちる
免疫機能が落ち体調が崩れる
認知症やうつ病のリスクが高くなる

と、いったことが起こりやすくなるそうです。

「あなたは毎日の睡眠時間は足りていますか?」

英語力アップに“十分な睡眠”は強い味方になってくれるかもしれません。
十分な睡眠をとると、私達の脳がしっかりと休めて記憶の効率が良くなるそうです。

さらにさらに、日中脳に入ってきた情報を、
脳は眠っている間に整理して定着しているんです。

ちゃんと引き出しに仕分けてしまう ということを
やっているということですね。

なら、いっぱい寝れば良いかといえばそうでもなく。
”寝貯”はダメ、”睡眠貯眠”はできないそうです。(;^ω^)

単語を覚える、
文法を覚える、
フレーズを覚える、

どれをするにしても、覚えるトレーニングをしたら、
しっかりと寝る。
そして翌日、もう一度復習することで
より強く記憶に定着するようになるんですね。

せっかくする英語学習。
もっとも効率よく記憶に定着させ、さらにそれを
運用していくようにしていきたいですよね。

“睡眠”を有効利用して、あなたの英語学習を
さらにスピードアップさせましょう。

睡眠負債はパフォーマンスが落ち良いことなし。
十分な睡眠をとることで脳の記憶効率が上がる。
寝ることは記憶の整理と定着にも効果的。

睡眠の適正な時間は個人差がありますので
6時間が絶対ではありません。

前回お約束した、文法に関してのお話は
次回しますので、楽しみにお待ちくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝をこめて

Contact

「カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

カウンセリングお問い合わせ