お問い合わせ
英会話

英会話学習の「やりたいこと」と「できること」の違いは?

こんばんは。

長野県上田市在住
初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

 

英会話学習の「やりたいこと」と「できること」の違いは何?

「やりたいこと」と「できること」

のギャップが大きければ大きいほど、ギャップを埋めるのが

本当に大変にかんじますね。

そして、英会話でも同じです。

私が調べた初心者さんの悩みベスト3は、

1. 何から学習していいのかわからない
2. 聞き取れない
3. 話したいことが言えない

です。 これを「やりたいこと」と「できること」に置き換えると、

「やりたいこと」 ⇒ 「英語で話せるようになりたい」

「できること」 ⇒ 「言葉がでてこない、会話ができない」

まとめると ⇒ 「英語で会話ができない」

となります。

では、

「英語が話せるようになりたい」 を 「英語が話せる」に

変えるにはどうしたらいいでしょうか?

それは、

「知っている」 から 「使える」 に変えることで

英語が話せるようになります。

「使える」レベルは、『体に浸み込んでいる』レベルです。

先日テレビで、フィギュアスケートの国別対抗戦をやっていました。

知識としてスケートの滑り方は、多くの人が知っていると思います。

では、いざ自分がスケート靴を履いて氷の上に立った時に、滑れますか?

初めて~数回やったことがある程度では、氷の上に立つことも大変。(>_<)

イメージしている滑る姿と現実は大きなギャップがある状態です。

滑り方を知っている ≠ 滑ることができる

英語の単語や文法を知っている ≠ 英会話ができる  ですね。

知っている = 自分の中にたくさんのインプットがある

はすっごく大事です。

というのも自分の中にあるものしか、アウトプットできないからです。

じゃあ、どうしたらいいのか?

長くなってきたので、続きは次回お伝えしますね。

あなたの中にはどのくらい英語のインプットがありますか?

考えてみてくださいね。

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ