お問い合わせ
英会話

その日本語から英語への直訳 ホラーになるかも。。

おはようございます。

長野県上田市在住

英会話初心者専門の英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

 

今年は、すでに蚊に食われてキンカンのお世話になっています。

ところで、あなたは、「蚊に食われる」っていいますか?

それとも「刺される」?

地域によって言い方が違う言葉の1つですね。

私の住む地域では 「食われる」を使う方が多いように感じます。

“かまれた”を使うところもあるようですね。

あなたの住む地域では何ていいますか?

 

それ、直訳するとホラーになります (;^ω^)

今日は、直訳するととんでもないことになるかも。。。というお話です。

「蚊に食われた」を直訳して

「“食われた”だから eatの過去形のateだ!ついでに受け身!」と

“ate”を使ってしまうと、言われたネイティブスピーカーの頭の中には

ホラー映像が浮かぶこと間違いなしです。。 (;^ω^)

では、何といえばホラーにならずに、伝わるのでしょうか?

英語では、

I got a mosquito bite.

I got bitten by a mosquito.

A mosquito bit me.

と言います。

どの言い方でも 「bite かむ・刺す」 を英語では使うんですね。

ちなみに、bite 名詞、動詞両方とも同じ形です。

動詞のbiteは bite-bit-bittenと変化します。

蟻(ant)に噛まれた、犬(dog)に噛まれた、

虫(bug)に噛まれたもbiteを使って言えます。

だけど、「ハチに刺された」 の場合biteは使わないんです。

ハチの場合は、sting 刺す を使います。

英語は英語の言語背景で!

日本語と英語のは全然別の言葉です。当然背景の違いで表現に使う言葉も

変わってきますね。こういう所をしると、英語って面白いなぁって思います。

ただ、直訳をするととんでもないことになってしまうんですね。(;^ω^)

Don’t scratch the bite!
蚊にくわれたところは掻かないで!

ちなみに、我が家では蚊に食われるとキンカンを塗って、

乾いたらすぐにセロテープを食われたところにはります。

しばらくすると痒みがおさまります。

安上がりで、効果抜群ですよ。 一度試してみてくださいね。(笑)

もし、蚊に食われた人があなたの周りにいたら、

「Don’t scrach the bite!」

と言って、上の方法を教えてあげてくださいね。!(^^)!

本日もお読みいただいてありがとうございました。

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ