お問い合わせ
英会話

ノンネイティブスピーカーの話す英語はバラエティに富んでいる 3

こんにちは。

長野県上田市在住

英会話初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

昨夜は3歳の甥っ子が私のベッドにお泊り。

夜中に突然むくッと起き上がって、寝返り。

その都度、起きて甥っ子の体を戻して。。。 寝不足です(-_-;)

 

ノンネイティブスピーカーの話す英語は
バラエティに富んでいる

さて、今日も

「なんで発音を最初に練習するといいの? それはね。。。」

の続きのお話です。

聞き取りやすいと感じる人達の英語」と

聞き取りにくいと感じるそ人達の英語」 の違い。

これはなんだったとあなたは思いましたか?

英会話は対話。 必ず相手を意識して!

英会話は一人で一方的に話すものではなく、

対話 つまり相手とコミュニケーションするのですよね。

そして、英語はその道具

これを意識して、英会話学習をすると、上達が早くなると思うんです。

 

では、その違いはなんだったのか? というと

英語のクセがつよい」 ⇒ 「母国語の発音のクセそのままに話している

平坦」 ⇒ 「話す英語に抑揚・リズムがない

の2つです。

聞き取りやすい英語を話す人達は、英語の抑揚が必ずあるんです。

英語が母国語の方が話す日本語を思い浮かべてみてください。

「おはようございます」 ではなく「おはよござぁいます」のように

どこかにアクセントを置いて話しますね。これが英語の特徴です。

この抑揚・リズムを持った英語はきいていて、聞きやすいんです。

抑揚の高いところの音を聞き取っていくからなんですね。

これが平坦だと、話す英語に抑揚・リズムがなく、一本調子で

どこを聞いていいのかわからず、非常にききにくいんです。

音が一気に流れていく感覚になります。

発音のクセが強いのは、母国語の音だけで話している状態です。

日本語のクセが強い英語は、すべての子音に母音を足して発音

する英語です。 カタカナ表記がその代表ですね。(;^ω^)

英語と日本語の音を比べると、日本語よりも英語の方が

音の数は圧倒的に多いですね。

日本語で母音は「あ、い、う、え、お」の5つですが、

英語では20個以上あります。。(;^ω^)。

5つの音で20個以上をカバーするのはさすがに無理があると思いませんか?

自分の知らない音はききとれません

英語ノンネイティブスピーカーはお国訛りのある英語を話します。

アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア等々の英語が母国語の方の

英語も音に違いがあります。

ですが、自分が発音できる音の範囲が広がると聞き取れる音の範囲も

広がります

するといろいろな国の人が話す英語も聞き取れるようになります。

これは、私の経験からも言えることです。

発音練習は地味~~な練習です。  (;^ω^)

ですが、英会話はコミュニケーションの手段。

相手の言っていることがわかり、自分の話していることが伝わらなければ

意味がありません。

遠回りのようですが、発音を練習することが実は一番の早道。

これから、オリンピックや観光、仕事 と英語でコミュニケーションを

とる機会がさらに増えてくると思います。

「英語が話せるようになる!」 と決めたあなた。

まずは「発音」からスタートです。!(^^)!

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ