お問い合わせ
英会話

英語のリズムが会話力を上げる!

こんにちは。

長野県上田市在住

英会話初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

 

お尻から太ももにかけてここ数日痛みが続いています。(´;ω;`)ウゥゥ

以前やったギックリ腰に似ているけどちょっと違うようにも。。。

とりあえず、湿布を貼ってみたけど、きくかなぁ。。。。

 

リズム 不規則な英語と規則的な日本語

 

英語のリズムって日本語のリズムと全然違うのですが、あなたは知っていましたか?

この違いは、母音と子音の組み合わせの違いによるもの何ですね。

これを知っていて、さらに使えることで相手の英語を聞き取る力がグッとあがり、

さらに、あなたが話す英語が相手に伝わりやすくなるんです。

 

日本語はタン・タン・タン、英語はタ・タン・タン・タ・タン

では、「おはようございます」を例にとってみますね。

「おはようございます」をローマ字で書くと 「O-Ha-Yo-Go-Za-I-Ma-Su.」

となりますね。

「お」と「い」は母音ですが、それ以外は子音ですね。

ですが、日本語の子音は Ha や Yo のように必ず後ろに母音を必要としていますね。

 

一方英語だと、

「おはようございます」 は “Good Morning” です。

この中で母音は “(G) o o (d) (M) o (rn) i (ng) “ の4つですね。

一方( )の中が子音なので7つありますね。

日本語と違って英語は子音同士が並ぶ、また単語が子音で終わることも

当たり前にある言葉なんです。

日本語の場合は「ん」で終わらない限り、母音で終わりますね。

規則正しく子音と母音が並ぶ日本語は、すべての文字を同じテンポで

発音できます。 タン・タン・タン・タン という感じにです。

 

ですが、英語はこれができないんです。それは、

  • 英単語はどこか一か所強く(長く)発音する母音がある
  • 英単語は隣り合う単語がくっつき音が変わることが多い。
    (隣り合う2語に限らず、3語4語となることも。。。。)
  • 文章になると弱く(短く)発音する部分がある。音が弱すぎて聞こえないこともある

という性質があるからなんですね。

先ほどの “Good Morning.” は①と②をが混ざっています。

Good は “oo” を強く(長く)発音します。ちなみに”oo” は ”ウ“の音になります。

Morning は”o”を強く(長く)発音します。

Goodの“d”は破裂音というくくりに入ります。(破裂音は破裂する音・伸ばせない音

具体的に破裂音は、“ b,c,d,g,k.p.q.t”。これらの文字で終わる単語で次に子音が続く時、

この破裂音は発音しないんですね。 子音のmで始まるMorningが続くと、

「ぐっどもーにんぐ」 ではなく、「ぐっもぉにん」と発音しますね。

(ing のはng で発音します。最後に母音の “ウ”を付けないようにするときれいな音に

なります)

“want to~” は ”wanto~”と発音

この発音ですが、間違って発音している初心者さんが多いんです。

これは②なりますが、“隣り合う単語が同じ音で発音する時には前の音は消える
(発音しない)” んですね。

“want to” は want の “t”と toの”t” が隣り合う同じ音なので、”ゥヲォントゥ“

となります。 カジュアルな会話では”ゥワナ” を多用。

ァゥワントゥ(ゥワナ) dリンハッカァフィタキィッマ(ィ) アイゾォプン

では③にはどうなるのか? 次の文で見てみましょう。②も組み合わされます。

I want to drink hot coffee to keep my eyes open.

「寝ないようにコーヒー飲みたい(目を開け続けるためにコーヒーを飲みたい)」

呪文のようになりますが、発音をカタカナで何とか表してみると、

“ァゥワントゥ(ゥワナ) dリンハッカァフィタキィッマ(ィ) アイゾォプン.”

タ・タン・タン・タン・タン・タ・タン・タ・タン・タン という感じですね。

何のことが良く分からないと思いますので、細かく説明しますね。

A:文の中で強く(長くはっきり)発音する言葉 = その言葉がなくなると意味が

通じなくなる言葉です。

B: 逆に弱く発音する言葉その言葉がなくても意味は伝わる言葉です。

上の文だと

Aになるのは、 want, drink, hot, coffee, keep, open, eyes

Bになるのはそれ以外です。

drink hot coffee は 破裂音の”k”と“t”がそれぞれ子音と隣り合うので、音が消えます

“dリンハッカァフィ”という感じの発音になります。(“ド”ではないのでdで表記)

to keep my eyes open は前置詞の”to”は”タ“という音に変わることが多いです。

keep のpは破裂音で次に子音のmが続くので発音しません。 my は”マ(ィ)”

さらに 子音と母音が隣り合うときには音が変わるため、eyes openは“アイゾォプン“

という感じの発音になります。

 

英語は日本語と違って不規則なリズムで話します。

このリズムで英語が話せるようになると、聞き取る力もグンっと上がります。

逆にこのリズムがわからないと、いつまでたっても聞き取れないんです。

聞き取るだけでなく、あなたが話す英語も相手に伝わりやすくなります。

ぜひ、英語独特のリズムを意識してみてくださいね。

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ