お問い合わせ
英会話

学校英語では英会話はムリ?

英語&マインドサポーターの中沢です。

今回は

学校での英語の勉強だけで、

ネイティブスピーカーと話せるようになるか?

について、お伝えします。

「先生、教科書全部覚えたら、外国人の人と話せる?」

小・中学生のレッスンで聞かれました。
学校の英語の授業の様子を率直な感想とともに教えてくれる彼ら。
彼らの関心事の一つが
「英語でネイティブの先生と会話すること」 なんです。
私が子供の頃は、小学校や中学校に ネイティブスピーカーの先生がいるなんて
まったく想像できませんでした。(^^♪

あなたは、小学生から 
「教科書全部覚えたら、外国の人(ネイティブ)と話せる?」
ときかれたら、何て答えますか?

授業で聞いてきた英語とは全くベツモノ

私は以前、
「学校で勉強した英語では、
ネイティブスピーカーと会話はできないんだ」
と、盛大に凹んだことがあります。(;^ω^)

始めてアメリカに行った19才の時。
それまで学校で7年ほど、英語の勉強をしていて、
外国人の先生との英会話の授業も学校はあり、
英会話にちょっぴり自信もあったんですが・・・

そんなわずかな自信は、アメリカに着いて
”あっ”という間に砕け散りました。

私の話す英語は、通じず、
何度も聞き返され、相手の話す英語は、
単語がわずかに聞き取れる程度。

それまで、学校の授業で聞いてきた英語とは、
全くベツモノでした。

では学校で勉強した英語では、
なぜ会話ができないのでしょうか?
なぜ聞き取れないのでしょうか?

学校の勉強だけでは無理

私がたどり着いた答えは、
「学校の勉強だけで、
話せるようになる・
聞き取れるようになるのは無理」

でした。

あ、誤解しないでくださいね。
学校の勉強がムダというわけではないんです。
むしろ学校でしっかりと文法や単語を
学んだことは英語の土台となります。

だから、学校での英語学習はムダなんて
思わないでくださいね。

学校ではあまり重視されていないことが
英語学習を始める
ファーストステップで必要だったんです。

それと、英語に触れている時間
絶対量が圧倒的足りていません。(;^ω^)

テキストを「見ている」だけでは手に入らないこと

英語と日本語では発音の仕方が違うので
音が大きく異なります。

さらに、英語では
独特の音声変化が頻繁に起こります。

この音声変化をファーストステップ
習うことがとても重要なんです。

英語が速くきこえるというのは、
英語が日本語に比べて
早口で話されているからではなく
音声変化に対応できていない
からなんです。

・英語勉強のファーストステップは音声変化を知ること。
 英語が早くて聞き取れないのは速いからではなく
 音声変化についていけないから
・音声変化を理解したら、インプットとアウトプットを繰り返す。
 ネイティブスピーカーが話すような会話練習(アウトプット)
 ネイティブスピーカーが話す英語を聞き取る練習(インプット)

音声変化については、過去の記事をご覧ください。

英語が通じない、聞き取れないは『カタカナ発音』が原因かも・・
英語が通じない、聞き取れないは『カタカナ発音』が原因かも・・
『音声変化』Let it goはどうして”レリゴー”になるの?
『音声変化』あるのに聞こえない、あるのに言わない?? “Let it go”の“t”はどこ?
フォニックス??? フェニックスなら知ってますが・・・

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝を込めて

Contact

「カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

カウンセリングお問い合わせ