お問い合わせ
英語の発音

アルファベットを言う時、『息の音』入ってますか?

英語&マインドサポーターの中沢です。

今回は

アルファベットを言う時、『息の音』入ってますか?
『息の音』を意識すると発音がきれいになります。

についてお伝えします。

アルファベットの発音レッスンです

英語と日本語の音の大きな違いの1つに『息の音』があります。

『息の音』がきちんとだせると英語の音がきれいになるんです。

以前にブログでお伝えしましたが”C”は正に『息の音』なんです。
”シィー”ではなく ”スィ―“という感じになるんですね。
『A・B・C』は『エー・ビー・シー』じゃないよ! 発音の話

今回は『息の音』に意識して発音する音
”F、P、S、T”をピックアップしてお伝えしますね。

声に出して言ってみて下さいね。

まずは “F”です。

カタカナ表記が難しいのですが、“エf” という感じです。
舌唇の中側(リップクリームを塗らない場所)
に上の歯の前歯を軽くあてて、強く息を吐きながら発音します。
このとき、“ウ”という音がしたら、×です。(;^ω^)

口の形が違ってます。

次に“P”です。

破裂音ともいわれますが、口の中にためた空気を
一気に吐き出すように発音します。
日本語のパ行よりも強い音になります。

そして“S”です。

“エ”と発音したらすぐに、唇を横にひいて息を強くはきます。
その息の音が“ス”の音になります。
“C”を発音する時も同じ口の形です。

最後に“T”です。

上の前歯の裏側を強く下ではじくようにして発音します。
“ティ”という感じですね。
あごの辺りに手をおいて発音すると、息が手にかかるのが分かります。

息の音ではありませんが、
“V”は“F”と同じ口の形
“T”は“D”と同じ口の形
“P”は“B”と同じ口の形
になります。

練習する時には鏡を使ってあなたの口の形を確認しながら
発音練習するのがおススメです。

ぜひやってみて下さいね。

真剣に練習されたあなたは、口の周りが筋肉痛かもしれませんね。(^^♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝をこめて。

Contact

「カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

カウンセリングお問い合わせ