お問い合わせ
英語学習のコツ

え、たったの15分でパフォーマンスがおちるの? 

英語&マインドサポーターの中沢です。
今回は

集中力が続くのは15分だけ!
脳を上手に使ってパフォーマンスアップ
短時間の集中を上手に使う時間の使い方

についてお伝えします。

長時間の勉強はあまり意味が無い

脳科学的に言うと、休みなしの長時間の勉強は、
実は、やっているだけでパフォーマンスはよくないんです。

高い集中力が続くのは、なんとたったの15分!

たった、15分なの・・・・って思いますよね。
座って、テキストひらいたらもう15分・・・・
何もやれない・・・・と思うかもしれませんね。

ですが大丈夫です。
15分をうまく組み合わせることで、
45分・90分と継続していくことができるそうです。

集中と休みを上手に組み合わせる

集中すると脳がつかれますよね。
甘いものが欲しくなったりしませんか? 
私だけ・・じゃないはず(笑)

集中した後には、5~10分程度の休みを取るのが理想的。
その時におすすめなのが

『体を動かす』『目を休める』の2つです。
体を軽く動かすと血流が良くなります。
目を閉じるだけでもいいですが、ホットタオルで温めると、
血流がよくなります。気持ちもよくてホッとできます。

おすすめはタイマー

タイマーをかけて時間を強制的に区切ってみましょう。
タイマーを使うと不思議と集中力があがるような気がします。

タイマーが鳴ったら、やっていることが途中でも>br/>
そこで終わりにしちゃいます。← これ超重要です!

そして、休憩後は、全然違うことをやります。
脳は同じことを続けると飽きてしまうんです。

脳があきる=パフォーマンスがさがる
なんです。

それだともったいないですよね。


たとえば、30分英文を音読をしたら、次の30分はリスニングをする
というようにすると脳が飽きずに続けられるんです。

また、暗記系の場合は、15分を1区切りとして
それを何回か繰り返すと効率的に記憶できます。

ぜひ試してみて下さいね

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝をこめて

Contact

「カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

カウンセリングお問い合わせ