_<) ではどうしたらいいのかということをお話しますね。"> 『walkとwork』どっちがでウォーク?どっちがワーク?|【英会話初心者専門】長野上田「英語コンプレックス克服教室」マンツーマン&オンライン _<) ではどうしたらいいのかということをお話しますね。" >
お問い合わせ
英語の発音

『walkとwork』どっちがでウォーク?どっちがワーク?

英語&マインドサポーターの中沢です。
今回は

スペルに引っ張られて発音してしまう。。。
あなたも経験ありませんか?

についてお伝えしますね。

“I’m walking to work.”

レッスンで高確率で生徒さんが引っかかる1文です。
英文のスペルに引っ張られてしまい
”Walking” が “ワーキンg“
”Work” が “ウォーク”
そうすると、
“歩く”といっているつもりが“働く”
“働く”といっているつもりが“歩く”
という意味で相手に伝わって、
意味不明ということが起こってしまうんですね。

あなたも、英語のスペルに引っ張られて発音してしまう。
とうことはありませんか?

『英文が読める』というのはすごく大事

左から右へ、戻り読みすることなく内容をとらえていければ、
書くこと、話すことへとつながります。

私達は英語を読むとき、音読はもちろんですが、

黙読であっても頭の中で“発音している”んです。

ということは、読むのが間違った発音(音)だと当然、
話す時にも間違った音になります。

“walk”と”work”を逆の音で覚えてしまう
リスニングの発音が逆になり意味も逆にになってしまうんです。

ちょっと手間をかけて発音を調べよう

「あれ?この単語なんて発音するんだろう?」
そう思ったら、ネットで検索してみてください。

ネットでは音声付きで 単語が表示されます。
初めてみる単語、発音が分からない単語は
発音を必ず確認してみて下さいね。

ちょっとの手間ですが、発音をしらべ正しく覚える
その積み重ねが、
あなたの英語力を底上げする力になります!

ちょっとの手間を惜しむかどうかで、
その後の成長は全くかわります。

そのちょっとの手間を「英語の底上げ!(^^♪」
と楽しんでかけてみて下さいね。


最後までお読みいただきありがとうございました。
感謝をこめて

Contact

「カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

カウンセリングお問い合わせ