お問い合わせ
英語の単語

間違えやすい単語の『飲む』と『もっていく』

英語&マインドサポーターの中沢です。
今回は

『飲む』と『持って行く』
日本語から考えると間違いやすい言葉、
正確に伝えるには使い分けが大事。

についてお伝えしますね。

使い分ければ正確に伝わる

英語で話す時に、ついついやってしまうのが
日本語から考えてしまうこと。(;^ω^)

すると、正確に伝わらなかったり
間違って使ってしまったりということが
起こってしまうことも。

そんな、間違って使いがちな言葉に、
『飲む』と『持って行く』の2つがあります。

今回は例文と使い分けのポイントについてお伝えします。
この使い分けを覚えて、より正確に伝えたい事を
伝えられるようにしていきましょう。

『飲む』これってどう英訳しますか?

次の日本語を英語にしてみて下さい。
・コーヒーを飲む
・薬を飲む
・スープを飲む

全部『飲む』ですが、実は全部違う単語になります。

・コーヒーを飲む
I drink a cup of coffee.

・薬を飲む
I take a medicine.

・スープを飲む
I eat soup.
となります。


“drink”は、“ごくごくと容器に口をつけて飲む”
というイメージです。

液体の薬やスープを容器に口をつけて
飲む場合は、“drink”が使えます。

『持って行く』これってどう英訳しますか?

もう1つ、次の日本語も英語にしてみてください。
・彼女にコーヒーを持っていって。
・今、コーヒーを持っていくね。
さぁ、どうでしょうか?

・彼女にコーヒーを持っていって。
Take her a cup of coffee.

・今、コーヒーを持っていくね。
I’ll bring you a cup of coffee.

これも、日本語は同じ『持って行く』ですね。

何が違うのか?場面を想像してみて下さいね。

上の文は、AさんがBさんに、
コーヒーを“彼女”へ持って行くように言っている場面です。


一方下の文は、AさんがBさんに
コーヒーを持って行くと言っている場面です。

話をしている二人から離れたところへ
『持って行く』時は“take”
話をしている二人の一方から
もう一方へ『持って行く』時は“bring”を使います。

日本語訳が同じときは、どれを使うか
に注意してみて下さいね。
あなたが伝えたいことが、より正確に
伝わるようになりますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝をこめて

Contact

「カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

カウンセリングお問い合わせ