お問い合わせ
英会話

ノンネイティブスピーカーの話す英語はバラエティに富んでいる 1

こんにちは。

 

長野県上田市在住

初心者専門・英語コンプレックス克服コーチの中沢です。

家庭菜園で3歳の甥っ子とキュウリを収穫。!(^^)!

甥っ子は、キュウリのイガイガ?が痛いと端っこを持っていました。

イガイガがあるキュウリは新鮮。今晩はキュウリのお味噌をつけて食べようっと。

ノンネイティブスピーカーの英語の音は
バラエティに富んでいる

 

さて、今日は

「なんで発音を最初に練習するといいの? それはね。。。」

というお話です。

以前、企業に勤めていた時の私の経験から実感したことです。

私の仕事は海外拠点との窓口でした。毎日担当している現地法人のスタッフと

英語を使って電話やメールで仕事をしていました。

8割のスタッフが英語以外の言語が母国語だったため、共通言語は英語。

各人が話す英語はの発音はバラエティに富んでいました。(;^ω^)

そうです。全員がお国訛りのある英語を話していたからです。

あ、お国訛りが悪いわけではないです。

私達日本人も日本語の音訛りのある英語を話すのが普通です。

日本人が話している英語が聞き取りやすいのは、自分と

同じもしくは近い発音で話しているからなんですね。

ただ、その訛りの程度が大きいとかなりコミュニケーションをとるのが大変でした。

実際、私も相手が何を話しているのか全くわからず、

「間違えるといけないので、メールでもう一回送ってくれる?」

とか

「声がよく聞こえないから、メールで送って」

と逃げたこともありました。 今だから言えますけどね。(;^ω^)

私がよく話をしていたのは、シンガポール人やインド人のスタッフでした。

仕事をしている中で、シンガポール人でも聞き取りやすい英語を話す人と

聞き取りにくい英語を話す人がいることに気が付きました。

「あれ、なんでだろう?」

って思ったんです。

あなたは何故だと思いますか?

それは。。。続きはまた明日お届けしますね。

Have a nice day!

Contact

「体験レッスン&カウンセリング」や「お問い合わせ」は、下記からお願いいたします。

体験レッスンお問い合わせ